So-net無料ブログ作成

北京、そして羽田へ(タイ旅行記・その15) [旅行記]

承前

 北京行きの機内では出発後にハムサンドが、到着前にチャーハンのような朝食が供された。

 さて、初めての中国圏。北京まではプーケットで搭乗券が発行されたが、ここで羽田までの搭乗手続きをする必要がある。インターナショナル・トランスファーの案内に従って移動し、スターアライアンスのカウンターに行ってチェックイン。さすが共産圏、係員に愛想がない。

 さらに移動すると、今度は入国審査があるようだ。表示を見ると、一般向けのものの他に「工作人員」と書かれた入り口がある。「工作人員?」、「工作員?」、「秘密工作員?」…、たぶん「クルー」用の入り口だと思うのだが、何だか可笑しい。

 続けてセキュリティチェック。しかし、ここで私は引っかかってしまった。手荷物にライターが入っていたのだ。そういえば、お墓参りに行ったときに入れて、そのまま忘れていた。…っていうか、なんで今まで他の空港で引っかからなかったんだ?

 ようやくフリータイムだが、とりあえずゲートの位置を確認。巨大な空港で、またしても端っこなので、迷わなかったにもかかわらず、かなりの移動距離。まだ免税店などが開いていないので、自動販売機で飲み物を買おうとしたのだが、ふと気がついた。我々は人民元を持っていないではないか!

 仕方なく有人の店がある方へ引き返そうとして進むと、朝陽が美しい。

PICT0717.JPG

 ようやく免税店が開いたようなので、ちょっと買い物。どんなに少額でも支払いはクレジットカードだ。

 北京発8時30分予定の中国国際航空181便は定刻通りにターミナルを離れたが、離陸待ちが長くて結局は1時間ほどのディレイ。機内食は、おかゆとオムレツなど。CAさんにケチャップが欲しいと告げたところ、きっぱり「ない」と言われてしまった。仕方なくTGで余った塩・コショーを使用。機体は最新だがサービスは…なんだかなぁ。

 羽田着は12時50分の予定だったが、実際に到着したのは14時頃。東京は雨模様で生暖かい。あせる必要もないので、ノンビリと入国審査へ進むと、日本人用の窓口はガラガラだった。係員は愛想良く「お父さん、エラい物を持たされちゃったねえ」と言う。そう、私はプーケットで買った大きなキティちゃんのゴブラン織りバッグを持っていたのだ。あまり気にしていなかったのだが、けっこう目立つらしい。

 手荷物受取では、赤いアタックザックはすぐに見つかったものの、黒いキャリーが探しにくかった。似たようなバッグが多くて目立たないのだ。娘の修学旅行のときまでに、大きなキティのアップリケでも付けておいた方が良さそうだ。

 さて、このまま帰ってもいいのだが、やり残した案件を片付けるため出発階へ。まず、「コムサMONO」へ行って出発時に目を付けておいたバッグを購入。そして「サンリオ」。最後に「羽田食堂」で軽く食事だ。店を出るとき、他のお客が我が家の全員キティだらけのバッグに注目してヒソヒソと話している。やっぱ目立つんだ。3個もあるし…。

 帰りの京急は往路の教訓を活かして横浜方面の直通電車を待つ。16時頃に家に着いてみると、午前中の風雨はかなり激しかったらしく、ベランダの植木鉢の多くが倒れていた。千切れた葉もスゴい。でも、片付けは後回し。まずは旅行の荷物を何とかしなくっちゃ。あと、ウサのお迎えも。

(以上)

※結局、書き終えるまで1年以上もかかってしまった。あとは目次のまとめかな。

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

プーケット空港からバンコクへ(タイ旅行記・その14) [旅行記]

承前

 ホテルのロビーでピックアップを待つのだが、なかなか来ない。南国タイムだから仕方ないと思って更に待ったが、さすがにしびれをきらせてホテルスタッフに問い合わせを依頼。

 そうこうするうちに、20分ほど遅れて車が到着。前の送迎で渋滞につかまってしまったとのことだ。空港へ向う道も夕方のラッシュなのか、あちこちで渋滞している。車窓から寺院や小さな街などを見つつ、名残を惜しむ。

 空港でのチェックインも混んでいる様子だったが、我々の並ぶ列はそれほどでもなかった。荷物が羽田まで直行してくれることを確認し、腹ごしらえをすることに。

 空港の軽食コーナーはファーストフード的な感じで、ハンバーガー、トムヤンクン、スパゲッティを注文。意外とイケる。ハンバーガーのパテはチキンのようだ。

 予定では19時発、20時25分着というタイ航空218便だが、30分ほどのディレイ。待合室は、かなりごった返していた。飛行そのものは順調で、それほど遅れずにバンコクに到着。

 出国審査はプーケット空港で済ませたハズだが、バンコクの空港のセキュリティチェックは非常に厳しい。国内線と国際線の乗客を混載しているからだろうか。靴を脱ぎ、ベルトも外して360度のボディスキャナーを通過しなければならない。係員もピリピリした感じだ。

 だが、それが済めばバンコクの空港は買い物天国。土産物のチョコやドライフルーツなどを買いながら、ゲートの方へ進む。広い空港なので、けっこうな移動距離だ。ところどころにいかにもタイ風のオブジェが配置されていて、欧米人たちは記念撮影に興じている。

PICT0713.JPG

 家内はジムトンプソンでスカーフを買うかどうか迷いつつ進んでいたようだが、さすがに3軒目のジムトンプソンの店に遭遇したとき、観念して決断したようだ。日本で買うことを思えば破格の値段だし。

 帰路はバンコクから羽田へ直行ではなく、北京での乗り換えがある。搭乗まで時間があるので、待合室のベンチでウトウト。他の乗客は冬服と夏服が混ざっていて面白い。何かスポーツの代表なのか、ジャージ姿のミャンマーの若者たちも多く見かけた。

 23時50分発のタイ航空674便は、ほぼ定刻に出発。北京到着は翌日の朝5時30分の予定だ。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

プーケット・タウンへ(タイ旅行記・その13) [旅行記]

承前

 現地最終日はゆっくりと朝食を食べ、荷物の整理。11時頃にチェックアウトし、買い物に備えて追加の両替も。羽田よりもレートがいいのは、円高が進んでいるのか?

 ホテルのタクシーを頼んで地図の適当な位置を指さすと、ロビンソン百貨店を薦められた。まあ、どこでもたいした違いはないだろう。

 快適なドライブの後は外の暑さがこたえるので、とりあえず目の前にあったオーシャン・ショッピング・モールに入る。雰囲気的にはサティとか、そんな感じだろうか。ひとめぐりして、ワゴンセールのTシャツとダメージド風デニムの短パンを購入。サンダルなどを物色しながらひと回りし、喫茶コーナーで一服。

PICT0709.JPG

 今度は隣のロビンソン・オーシャンへ。こっちの方が少し高級な感じがする。キティのコーナーがあったのでいろいろ見ていると、ポロシャツが安い。日本では高価なゴルフウェアばかりなので、これは速攻でゲットだ。セールのためレジでさらに値引きもあってラッキー!

 1階は食料品や日用品のスーパーになっているので、そこもひとまわり。家内は何故かシュミテクトを買っている。日本より遥かに安いそうだ。

 今度は少し足を伸ばして、近くの露店街「プーケット・スクエア」へ。露店といっても、ちょっとした仲見世通りという感じ。ここでも娘のサンダルを探すが、なかなか適当なものがない。そこで最初のオーシャンに戻って、目をつけていたものを購入。これもセールで安い。あと、スコールでも平気そうな素材もGoodだ。

 結局、15時頃までウロウロして、帰路はトゥクトゥクに乗ることにした。喫茶コーナーで話しかけてきたオバちゃんはエアコンの効いたタクシーを熱心に勧めるが、せっかくタイに来たのだから1度くらいはトゥクトゥクも経験しておきたい。そのうちこちらの主張に根負けしたオバちゃんは、知り合いのトゥクトゥクを呼んできてくれた。

 風を受けて走るトゥクトゥクは、街並みとの一体感があってなかなかいい感じ。旅も終わりが近づき、パトンの街に入ると懐かしい気さえする。あとはホテルに預けてあった荷物を受け取り、空港へ向うだけだ。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

大衆食堂へ(タイ旅行・その12) [旅行記]

承前

 さすがに疲れてきたので、夕方まで部屋でダラダラ過ごす。

 で、夕方は前日に目を付けておいた大衆食堂に行ってタイラーメンを食べようという算段だ。フロントからシャトルでゲートに移動しようとすると、雨が降り始めた。スタッフは「気にするな」というので、とりあえずゲートへ。

 だが、シャトルを降りるときには本格的な雨になっていたので、待合所の東屋で雨足が弱くなるのを待つことに。ほどなく、ロシア人の3人連れが駆け込んできた。現地人の警備員もいるので、東屋内はちょっとした国際共同シェルターのようになっている。

 30分ほど待っただろうか。小降りになったところで当初の目的地へ向けて移動開始。JungCeyLonの少し手前にある半屋外の食堂に入る。ヌードルスープは麺がイエローかホワイトか、肉がビーフかチキンかポークかという選択。それぞれ好みのものを注文して待つ。ウエイトレス嬢は慣れていないようで、なかなか大変そう。地方から出てきたばかりなのか、あるいは周辺諸国の出身なのかもしれない。

 ついでに飲み物やチキンも頼んで、しばしアジアンな喧騒にひたる。隣の席は韓国人ファミリーだろうか。

PICT0701.JPG

 帰路は家内の足が痛むとのことで、サンダルを購入。前々日にパレオを買った店にも寄って、娘のサマードレスや配布用の土産物などを買う。最後はやっぱりファミマに寄ってホテルへ。

 帰着後になんとはなしにテレビを見ていると、地震対策の番組をやっていた。日本の企業への取材がメインだったので、NHKの海外向け放送かもしれない。その中のとあるメーカーの担当者が免震構造の説明をするのだが、そのときの実験用のミニチュアには、シルバニアファミリーの赤い屋根の小さな家(たぶん「きいちご林」?)が載っており、キャラクター達もテーブルを囲んでいる。デジカメで画面を撮影しようとしたが間に合わず、帰国後に動画検索してもみつからない。是非とも、もう一度見たいものだ。

 さて、明日は事実上の最終日。夜のフライトまで何をして過ごそうか。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

パトン・ビーチへ(タイ旅行・その11) [旅行記]

承前

 現地3日目はプーケット・タウンも考えていたのだが、娘がパラセーリングを気に入ったようなので、ホテルの目の前のビーチへ行くことにした。

 とりあえず、手近なデッキチェアーに陣取って、パラソルを設置してもらう。ビーチは比較的空いていて、周りのほとんどはロシア人の中高年だ。ちなみに、ビーチからホテル方面を見ると、こんな感じ。

PICT0687.JPG

 アクティビティなどはまだ始まっていない様子なので、しばらくは魚の餌付けやシュノーケリングなどをして過ごす。

PICT0686.JPG

 ときどき土産物やアロエなどの物売りが通るが、しつこい勧誘はない。そのうち、遠くの方でパラセーリングが始まるのが見えた。近くのカウンターで聞いてみると、そこまで連れて行ってくれるらしいので、さっそく申し込む。

 最初はジェットスキーで連れて行ってくれるという話だったのだが、こちらが2名だとわかるとバイクに変更。で、このバイクがなかなかナイスである。原付の横にリヤカーのようなものを付けたサイドカーで、日本でも昔は良く職人さんたちが乗っているのを見かけたタイプ。サイドの荷台に父娘で乗り込むと、一方通行を遵守するためにパトンの街なかを1周する形で移動する。

 ハーネス装着中の娘が緊張気味なのをスタッフが気にしている様子なので、「昨日、コーラル島で経験しているので2回目だ」と伝えると安心したようだ。

PICT0691.JPG

 コーラル島では砂浜にダイレクトに帰還するため、最後にロープを引いて舵を操作する必要があったが、今回は最後は海上で船に回収されるので楽勝だ。帰り道も例のサイドカーだが、今度はルートが短い。

 娘が概ね満足したようなので、お昼すぎに撤収することにして、近くの屋台でチャーハンなどを買い、ファミマに寄ってからホテルに戻る。

 なお、ファミマでカップラーメンを買ってチャーハンと一緒に食べようというつもりだったのだが、フタを開けてみると実はインスタントのおかゆだった。だが、生姜の利いたあっさり風味で、けっこうイケてたのでOK。チャーハンも安くてうまい。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

パトン・タウンへ(タイ旅行・その10) [旅行記]

承前

 少し休憩してから、徒歩でパトンの街を散策することにした。コーラル島からの帰り道に見えたキティのお店が気になるので、とりあえず屋台のトウモロコシをかじりながら海沿いの通りを南に進む。

 だが、かなり進んでも見つからない。仕方なく適当なところで東に折れて、内陸方面へ進む。途中で道を間違えて引き返したりしたが、徐々に街の中心部へ戻って行く。適当な大衆食堂的な店があれば入ろうと思って、路地などもあちこちの覗く。

 そのうち空模様がどんどん怪しくなって、とうとう雨が降り始めた。近くにあるのは観光客相手のシーフードレストランばかり。しかたなく、少し先にあるJungCeyLonで雨宿りすることに。

 娘はタイラーメンを食べたいとのことなので、とりあえず案内板でタイ料理の店を探すと、何件か入っているようだ。たまたま1Fで見つけた店の前にいるスタッフに「ヌードルスープはあるか?」と聞くと、「Yes」と言ってメニューを見せてくれた。店構えは高級そうだが、料理の値段は安い。歩き回って足が疲れていたし、だんだん面倒くさくなってきていたので入ってみることにした。

 娘はタイラーメン、家内はタイカレー、私は焼きそばを注文。出てきた料理は、どれも「普通」に美味しい。でも、何だかファミレスっぽい感じの味だ。バーミヤンのタイ料理版といったところか。ビールなどもも頼んで、サービス料込の会計は3000円ほど。値段もファミレス的かな。

 帰国後に調べてみると、この「LE SIAM」という店は「MK Restaurant」という大手チェーンの1ブランドらしい。同チェーンは日本にも進出しているとのことだ。

 雨が弱くなるまでJungCeyLon内を見て回る。吹き抜け周辺のワゴンで可愛い髪留めがあったので購入。スタッフに使い方を教わり、お礼に「おだんご」という言葉を日本人が来たら説明に使うように伝える。あの店員さんは多分、イスラエルの人だろうなあ。

 雨が上がったので、土産物屋などを覗きながらホテル方面に向う。途中で象の柄のパレオを購入してさらに進むと、次々と大衆食堂的な店が見つかった。明日の夕食でのリベンジを誓って、有力候補を3軒ほど覚えておくことにする。

 最後にファミマに寄ってビールなどを買い、ホテルのゲートからはシャトルを利用してフロントへ。

 明日は自由に遊べる最終日だが、どこに行こうか。プーケット・タウンでショッピングか、タイ・ビレッジのようなところで舞踊や象と触れ合うか、あとは寺院の見学なんていう案もある。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

コーラル島へ(タイ旅行・その9) [旅行記]

承前

 コーラル島へのツアーはピックアップが8時半なので、早めに朝食を済ませるためにコーヒーハウスへ。朝のバイキングは一般的なリゾートホテルのものだが、タイ風のヌードルスープなどローカル色も散りばめられている。その場で調理する卵料理はオムレツのみ。ただし、具を選ぶことができる。

 ピックアップは定刻通りで、ツアー会社から委託されたセダンのタクシーだ。港へは20分ほどの道のり。降りるときにツアー代を支払おうとすると、当方が受け取ったメールとドライバーが持っているFAXの金額が食い違っている。先方の提示の方が安価なのだが、送迎代を含んでいなかったりすると困るので、確認を依頼する。とりあえずオフィスがオープンしていない時間帯なので、帰りの精算ということになった。

 島へ渡るための港は、以前とは随分と様子が違う。ひょっとしたら別の港なのかもしれないが、かなり近代的な感じだ。ちなみに、トイレは有料。

 スピードボートは他の日本人の家族連れが1組。他の船はロシア人や中国人が多い様子。15分くらいでコーラル島に到着だ。

 現地コーディネーターにアクティビティを依頼すると、すぐにでもできるらしい。とりあえず私と娘はパラセーリングのために隣のビーチに移動。そこは前回に来たときに滞在した入江のようだった。同行の日本人家族に続いて、娘がチャレンジ。

PICT0672.JPG

 元のビーチに戻ると、引き続きシーウォーカーへ。娘は体験ダイビングも視野に入れていたが、とりあえず入門編としてはコチラの方が無難かもしれない。ボートで沖に移動して、ヘルメットを装着してハシゴを降りる。海の中は視界がなくなるほど魚だらけだ。途中で移動して、クマノミのいるイソギンチャクのところに行ったりする。

 娘と私がビーチに戻ると、ちょうど家内がファンダイビングから戻るところだった。予定していたアクティビティはこなしたので、あとはシュノーケリングをしつつノンビリ過ごす。朝食の残りのパンを隠し持ってきたので、魚の餌付けもやってみた。

PICT0680.JPG

 昼食はバイキングで、ピラフ(?)や鶏団子のスープがけっこうイケてる。全体的にあっさり系。

 そして、やはり島にもネコがいた。

PICT0671.JPG

 コーラル島には14時半頃まで滞在し、またボートに乗って港へ戻る。ちなみに料金は安いほうが正解で、メールが間違っていたとのこと。ピックアップ料金も含まれていた。

 さて、まだまだ時間が早いので、ホテルでシャワーを浴びた後は、またパトンの街を散策してみることにした。前日は時間が短くて慌ただしかったし、港からの帰り道に見えたキティのグッズを取り揃えた店も気になる。だが、そのことはまた次回に。

つづく

PetCブログランキング 人気blogランキング ブログ村ランキング
コメント(0) 
共通テーマ:ペット